安定打座 Eva Hesse

未分類
02 /25 2020
10353556_950315981657367_4482845052578805780_n.jpg

Eva Hesse

若くして他界した尊敬する芸術家 Eva

いまもイエール大学大回顧展の衝撃が鮮やかだ

ところで、安定打座は1万人やれば1万人全く違う

人其々の見解、意見、感想など全て異なる

それを良しとする手だてはその人の現在只今が物語る

そんななか、今日は何か今までとは違う手ごたえのようなものがあった

珍しいことだと思う

ともあれ、効果による判断と現実だけだ

朝4時に起き2時間超の一人行修がとてもかけがえのない時間

実際は4時に起き30分の休憩、けいだいまでの往復30分を入れると

8時までになる

家族も知らない誰も知らないいない一人行修

境内までは走って20分、そこで決めた誦句をいくつか唱えたり

プラナヤマ法、呼吸操練、統一式運動法、絶対積極体操、光線呼吸

仕上げは境内に入り腹筋、腕たせ110回など

最近は一人行修の朝4時間はずっと眉間一点に強い刺激がある

打座のときは本当に痛いくらいだが、これは特異体質なのか打座について

この手の話題はいまだ聞いたことがなく、自分でもあまり気にしていない

ただ誦句の読誦をはじめたり、プラナヤマ法、呼吸操練でも同様なので

なんだろう?と思う

これについて訪ねたい人がいないし、それでイイと思う

そして、黒と緑の誦句集は日ごとに変えて読誦するけれど

いままで入ってこなかったものが少しばかり時により入る時がある

この誦句集は天風師がインスピレーションで記したものであとから

訂正などなくそのままのお言葉と聞く

だから理知や理性で解釈しようがないものだそこについたはほおって置いた

それが少しは変化したのか?と思う

思うけれど、それに捉われない 捉われると囚われる

そして日常で具体的な変化が多い 

酒好きだったのがなくても平気になり、酒がなくてもなんともない

他色々・・

しかし、まだまだ・・

毎夕刻になると4時起きの準備を始める

起きて納得のいく一人行修をしたいし、それが楽しみだから

しかし、芝原英司さんではないけれど「自分で納得のいく打座は殆どない」

芝原英司さんをお出しすること自体不遜である

ともあれ、おっしゃる通り、「これは一生持って行くものである」

そして、人間は本来強いものであるが、「一ヶ月もあれば十分堕落できる」

ご縁に感謝と歓び

EVAのことを書きたかったけれど、話が逸脱








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

K.T