芸術 安定打座

未分類
01 /30 2020
000,14-1_edited-2

3年前だったかパリに行ったとき偶然入ったギャラリーで

アンソニー・カロ晩年回顧展 秀悦なる作品のクォリティー

と数、それら作品の空間配置の素晴らしさに驚く

安定打座のブザーやおりんの音の途絶えた瞬間は素晴らしい芸術

に接したときの感に似ている

若いころからアントニ・タピエスやニコラ・ド・スタール、

パウル・クレー、ジャコメッティなどの作品に接すると身体が微塵

も動かず、その場に何時間も立ちつくしていた、あの感じである

何かそういう人は僕だけらしい

ともあれ、昨年暮れにイサム・ノグチ庭園美術館に行ったときも

同様の感を持った

そこは時間制限があるためにジッと佇むわけにもいかなかった

天風師のいわれる大宇宙霊、真 善 美 の所以

ともあれ、情味のすばらしさを日々刹那感じる

真のアーチスト 心が強い

安定打座は心を強くする





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

K.T