安定打座 ひとり行修安定打座

「水彩画個人レッスン」について
10 /29 2019
DSC_0716_edited-4.jpg

個展のショット一部です。

ここ数年現代美術の制作をしていません。
インスピレーションが来ないことには動きようがありません。
今までよりさらに確かなものが来る予感がしています。

安定打座ですが、芝原英司さんと一緒にするのは大変おこがましい
限りですが、芝原英司さんが言われるように「安定打座ができた
と思えるのは殆どない」と同じ思いです。
芝原英司さんは28年間1日も休まず、そして1年目から年商1千万
を1億8千万に伸ばし、28年間売り上げを続けられています。
それでも、殆ど安定打座ができていない、天風先生の言われる
安定打座はとてつもなく難しいと言われます。
ですから、兎に角次元が違う・・と思いつつ、毎朝の行修に努め
ています。
僕は毎晩ワインを1本、日本酒を1合、いやもう少し飲んでいました。
それこそ、1日も休まずに・・
しかし、この10日間1滴も飲んでいません。まだ10日間です。
それでも飲むことすら忘れています。
安定打座のおかげかもしれません。
もともとベジタリアンですが、さらに粗食になりつつあります。
早朝の境内は歩いて20分ですが、最近は走っています。

明日も4時起きの一人行修が楽しみです。
毎日その気持ちは変わりありません。
田舎の風景、川、野鳥や鴨たちが非常に愛しく感じます。
ありがたいことです。
頭山満翁が戯れる野鳥を見て、あんなカワイイ姿の鳥や
生き物を見ているとその命を食べる気なんて起きはしない。
と言葉を残しています。
カリアッパ師のゴーグ村でも捕らえたとき動くもの、鳴くものを
食べないと天風先生は言われ動物性のものは人の身体にもよくない、
と言われています。天風会にはその実行はないようです。
かなり緩い。
天風先生ご生前の修練会では手弁当で卵をはじめ動物性の食べ物は
禁止だったそうです。その話を知った時羨ましい限りでした。
天風会でベジタリアンの人にはまだお会いしていません。
幹部の人でガンで亡くなった方がいますがその方は食には関心が
なかった。かといって心が消極的ならいくらベジタリアンでもなら
なくてもイイ病気になる。

ところで、安定打座については色んな人が色んな意見と感想を持っ
1000人1000様。だから、天風先生以外はあまり読んだり聞い
たりしません。なかには為になるのもあるので一概には言えません。
打座のやり方は目を閉じたり、半眼だったり意見は様々。
僕は10年目を閉じていましたが、半眼にしてからは効果が全然違い
ます。おりんの方がブザーより効果が大きいという意見が多いよう
ですが、僕はブザーの方が向いています。
人其々ですが、打座に対する基本は天風先生の言われる無邪気に・・
そう、邪気無く・・ そして、誦句集黒最後の打座の言葉。
いつも打座の状態になれるようにはなりましたが、ブザーの途切れた
瞬間の「まっさらな心のエクスタシー」まではいきません。
これがたまらなくて、毎朝50分、1時間の打座をしています。
何度も言いますが、打座はクンバハカ、プラナヤマ法と一つです。

呼吸はしているけれど眉間から気が入り脳髄を通り、臍下丹田に気
が貯まる。そして、邪気を吐き出すと同時に身体の各部に伝わる。
打座もプラナヤマ法、クンバハカも気の眉間呼吸。
誦句集読誦も同様。


続く












スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

K.T