安定打座50分

「水彩画個人レッスン」について
10 /24 2019
317954_286239828142048_180858849_n.jpg

Untitled Mix Media by K・T

PCに保存していた自分の作品。
何年ぶりかで見ました。仕事部屋の作品群のなかにあります。

ところで、安定打座は朝4時に起きてやるほうがよい感じです。
10年前行修会、修練会などにいくと安定打座は眼を閉じてやっていました。
誰も40分とかやる人はいないようで、せいぜい15分くらいが
当たり前のようでした。何か講師の内容のほうに重点が置かれている
印象で安定打座はつけたしのようでした。
最初は始めてなので新鮮でしたが、呼吸操練や統一式運動法、積極体操、
プラナヤマ法等を憶えると参加するのをやめました。
ベテランと言われる講師の話を含め感動がなかったからです。
これは悪口というよりも僕自身が感じただけのことです。

そして、近くの境内での一人行修に専念しました。
しかし、やはり安定打座は身をいれてやることもなく、月日は過ぎても
なんら変化がなく、中断することもしばしばでした。

しかし、今年1月の末にたった5分安定打座をしただけで、衝撃的な体験
をしました。
実は大きな問題を抱えていたのですが、2転3転と奇跡のように問題が溶け
ていき驚きました。
同時に自己統制、自己コントロールとかは言葉としてしっていたものの
それが難なくできたのです。
そして、今まで天風先生のお言葉で疑問だったものがすんなり確信として
理解できました。全て理性で解釈しようとしていた愚かさも身に沁みました。
まさに天風先生の「その手を放して俺に任せろ」が長い間でき得ていはしな
かったのです。
以来、初めて本気で安定打座について調べはじめると、これがまさに天風哲学
の最高峰のもので、安定打座抜きには天風哲学な成立しない・・と知りました。
まさにいまさら・・の話です。
目は閉じるものだとばかり思っていたのが、天風先生も「最初は目を閉じても
いいが半眼にするように」とありますし、杉山彦一先生も同じことを言われて
います。
では、何故修練会、行集会では?と僕にはわかりません。
そして、大阪代表の芝原英司先生のYou Tube の講話を見ました。感動の連続
でもう何百回みたか知れません。現在11000回の視聴を超えていて、天風関連
講話の中ではダントツです。これからもドンドン伸びていくと思いますし、
もっと先生の講話が出れば・・と望んでいます。
ともあれ、以来芝原先生に習い、先生が5時なのを4時にして芝原英司さんのよ
うに2時間に設定しました。
正直40分の安定打座には全く自身がありませんでした。集中も出来ないし、
早く40分が過ぎるように・・と情けない日が続きました。
しかし、ほどなくなんのことなく、返って短いくらいに感じるようになり、
今では30分の黒、緑の誦句集読誦後10分、15分の安定打座を加えています。
時間の長さよりも質の問題ですが、天風先生は16分を過ぎて安定打座に入って
行くものだ・・と安武先生にお話をされたとういう文があります。
天風会のなかでも安定打座30分から1時間はやりましょう・・と言われる方
がいました。
安定打座がちゃんとできないと「意志の煥発」も」「信念の煥発」もできま
せん。
芝原英司先生は少なくとも1ヵ月もたたない内に安定打座を体得されたと思い
ます。
そうでなければたった1年で利益が18倍になるような経営効果を上げられる
はずはありません。
ここでやはりまさに命をかけてやらないとこのような効果、結果は出ないのだ
・・と感じ入ります。
その意味ではまだまだ自分はそこまでの覚悟がないぞ!と自分自身に言い聞か
せています。

今日は雨、明日も一日中です。日本の災害に大きな支障をきたしています。

一昨日は天皇即位の儀が執り行われ、実況を見ていて涙が出ました。
素晴らしい天皇誕生です。
令和元年を迎え、新しい日本が世界の平和に貢献でき日本が
日本らしい素晴らしい国になるようにと望むばかりです。







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

K.T