安定打座と河原温

「水彩画個人レッスン」について
07 /13 2019
images (7)

世界で最も有名なコンセプチュアルアートの河原温。
1965年頃からニューヨーク・ソーホーに住み活動し、
主にToday"シリーズを制作。
1932~2014.
2014年以降、I'm still alive.の発信メールアートは幕を
閉じます。
「僕以外のコンセプチュアルアートは退屈だろう?」
という言葉を残していますがそれさえもコンセプチュ
アルアートそのもののです。
先日のデ・マリアといい僕の師匠ともいえるSol Lewitt
、ジェームズ・タレル、ドナルド・ジャッド、マルセル
・ディシャンなどは卓越したコンセプチュアルアートの
同一線上にいる芸術家です。

これらこのアートジャンルはピカソ以上に一般には理解
不能です。しかし、僕にとってはこれ以上のものはない
と言うくらいの存在感とリアリティがあります。
そして、安定打座につれそれが少しずつ見えてくるとい
うか繋がりを持ち始めている感触があります。
僕にはそれが嬉しくてたまりません。
長い長い真っ暗なトンネルのなかをもがいていたのです
から尚更です。

2日程前に自分は安定打座をしながら何を目標として生き
ているのだろう?と考えたとき、コンセプチュアルアート
だと直感?しました。
そのとき自分のなかで腑に落ちるものがありました。

話をもとに戻しますが、3年前に岡山県備前市・備前焼人
間国宝の伊勢崎淳さん宅をはじめて訪問しました。
秋元雄史さんともご懇意の方です。
「河原温さんもこの部屋によくきたのですよ」と言われま
さかこんな田舎で河原温の名前が出るとは?!と驚き、そ
して話が当初から弾んでしまいました。温さんはあまり知
られてはいませんが、チェーンスモーカーで大のマージャ
ン好きです。伊勢崎さんもよくお相手をしたり、ニューヨ
ーク・ソーホーの自宅によく訪れたそうです。
他に池田満寿夫、イサムノグチとも親交があり、池田満寿
夫が晩年焼き物に手を染めたのは伊勢崎さんの影響なのか!
と驚きました。そして、これもまた大尊敬するイサムノグチ
とも親交があったとは驚きの連続でした。
事前に伊勢崎さんのことをロクに調べていなかったので、驚
きはひとしおでした。
丁度工房は東京の青山に設置する大壁画の準備に追われ、お弟子
たちは忙しく仕事をされるなか、昼夜を問わず火を投じている
登り窯に行きまた話をしたり、敷地内の展示室等をお忙しいさ
なか大変案内していただきました。

また、話が横にそれ長くなりましたが、色々案内されお話を伺
ったのち、「伊勢崎さんの本当におやりになりたいのは何です
か?」とお尋ねしました。
即座「現代美術作品です」と仰しゃられました。
河原温、イサムノグチ、池田マスオと親交があれば当然で「や
はりな・・」と合点がいったものです。

話がいつも通り逸れましたが、それもこれも安定打座とは別では
ありません。

毎朝50分の安定打座はその一つ一つが対峙そのものだと思って
います。
しかし、天風先生のされる安定打座はこんなものではない!
もっともっと凄い!を超越したものだ!と思っています。

正直5分やらそこらの安定打座や15,6分の運動法で何が分か
るものか!?とも思うし、そんな甘っちょろいもので何故真理
を捉えることが出来るのか?!と思いますが、其々お一人お一
人が僕を含め各人が信念?に従うところでやればよいだけの話
です。

死ぬか生きるか?ただそれだけの話ですから。
先の数人のコンセプチュアルアーチストだって生きてる限り命
を賭けて対峙しています。
僕もそうしたいし、そうするしかないじゃないですか。


続く





が出るとは?!と驚き



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

K.T