天風哲学は「安定打座に始まり、安定打座で終わる」

「水彩画個人レッスン」について
07 /02 2019
soll.jpg

日本では殆ど99.9%知られていませんが、現代美術・ミニマルアート、
コンセプチュアルアートの巨匠Sol Lewitt です。
もうすでに他界しています。

この写真は若かりしソルでチャイナタウン近くのヘスターストリートのStudio
です。ソルの作品スタイル確立前で、この頃多分ソルはMOMA(ニューヨーク
近代美術館)の下級職員として勤めていました。
そして、ジャスパージョーンズの個展が大々的にMOMA であり、ソルは衝撃
を受けます。そして、程なく彼は今までにどこにもない作品スタイルを確立し
ます。そして写真の背後にある作品全てをイーストリバーに放棄します。
今でいう不法投棄ですが、平面・立体を含めかなりの量だったそうです。
それらを聞いたのは同じビルに住むJoからです。2人はこの頃から生涯かけての
Close Friend になりました。

実はニューヨークにに住みはじめ51丁目のカーネギーホールビルでワー
キングビザH-1申請のため2年くらい建築・デザインの会社に入っていました。
その後ボスのジョージに「フリーランスになりたい。こちらで仕事があればい
つでも呼んでくれ」とお願いしました。そして、Architectural Rendering と
いう建築設計の仕事をはじめました。
主なクライアントはニュージャージー州にある日本の鹿島建設アメリカ支社、
清水建設アメリカ支社、マンハッタンの大成建設アメリカ支社、日建設計アメ
リカ支社、そしてアメリカの建築家、今はなきワールドトレードセンター内
アメリカの設計事務所などにもよく行きました。

そのころすでに先ほどのソルの親友Joを知っていて、ブルックリンの版画Stu
dioに遊びに行っていました。
そして、いつも仕事をやらないかと誘われていたし、何かあればシルクスク
リーンなど手伝っていました。

そのうち日本でバブルがはじけ、鹿島や清水が軒並み撤退、縮小をはじました。
それを機にJoのStudio に入ることになりました。

そして、数ヵ月でソルのプロジェクトマネージャーに抜擢されました。

実はニューヨークに行こう、住もうという気持ちになったのはSol がキッカケで
す。
雑誌ブルータスの記事で切手くらいの大きさでソルの写真を見て衝撃を受けたの
です。
面白いものでニューヨークにに始めて行った27才でソルの親友Joに会い、ソルの
作品に直かに振れ、ソルに会い彼のプロジェクトマネージャーになったのです。
平面・立体・インスターレーションなど沢山のプロジェクトをやりました。

この話になると長くなるのですが、彼が何故世界に稀なユニークな作品・コンセ
プトの確立したのか?なのです。
「悟れば直ちに幸きたらん」のそのままをソルは実現していたのです。そして、
亡くなる直前までこれでもかというくらい無限に新しく斬新な作品を生みだし
ました。ニューヨークにいた時も帰国してからもその謎が解けないで月日ばかり
が過ぎ、まさに無明でした。
理屈でなんとはなしに理解できても確信がないのです。
そして、安定打座により答えがすんなり解けてしまいました。また、黒と緑の
誦句集の中にもその答えが明確に示されていました。
これは大変な驚きです。しかし、僕のなかにはまだ僕本来の芸術の方向性は示さ
れていません。
しかし、芝原英司先生のお言葉ではありませんが「なんとかなる」という確信が
あり今目の前の事々に全力を尽くし日々天風道に反省の鞭をてにし精進!です。
そして、何かいままでにこんな充実した楽しい毎日はありません。

何度も言いますが天風哲学は芝原英司先生の言われるように「安定打座にはじまり
安定打座に終わる」で、これしかありません。

10年前、行集会、修練会に参加しても朝2時間やっているという人はいませんで
したし、そういう話も出ませんでした。皆さん15分程度だし、僕はそういうもの
なのだな・・と思っていました。15分と言ったら運動法で終わりです。
安定打座座が40分という人は一人もいませんでした。講習も安定打座に重きを
置くよりも積極観念の養成法や観念要素の更改などの理入などに重要性が置かれてい
る印象的で安定打座は付けたしのようでした。ですから、40分の安定打座をやった
ことは一度もないし、やろうと思ったことさえありません。
結局当然、安定打座の効果もなく、運動法は途中中止しながらも続けていましたが、
何も変わらない煩悶と苦悩の9年間でした。
幹部といわれる講師の方々の内容もあまり心動かされないし、運動法なども物足り
なさで一杯で一人行修の毎日でした。

しかし、今年1月の末のたった5分の安定打座から全てが変わりはじめました。
もうすぐ半年が過ぎますが、計50分の安定打座も短いくらいです。黒と緑の
誦句集読誦30分もグングン入ってきます。
しかし、まだまだ・・とそればかりですが、天風先生は人類史上はじめての哲学者
と信じます。
ソクラテスをはじめカントなど偉大な哲学者、思想家は数多くいますがどの人も
人が幸せになるための実践的な「How to do」はありません。
芝原英司先生の言われるように天風哲学はどの哲学も宗教も超えた20世紀最大の
哲学です。

そして、僕は敢えてというより本心で人類史上最大の哲学だと思い信じます。
10年の無明を取り戻したいと思います。
いや、正確には何十年の無明です。修道大悟の誦句のなかの「顧みれば転々として
人生の悶えと悩みに苦しみこと幾年月!!今やわれ茲に豁然として無明の迷いより
覚め、自覚更生の大道に入るの関門に立ち、心眼既に開けて行手に栄光繚乱たる
人生を望みし今日、吾が心はひたすらに言い能わざるの 限りなき欣びに勇みた
つ」・・・そのものです。

安定打座ができないと天風哲学は単なる知識に終わってしまい、何も変わりはしな
いし効果も得られません。
安定打座が少しでもできたか出来ていないかは個々の現実が確かに証明してくれ
ます。
ありがたいことです。




続く









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

K.T